ボルボFH16を平ボディトラックに改造

荷台の塗装
中国製のボルボ用荷台を塗装しました。メーカーの作例では写真のような塗り分けをしていますが、実車がどうかは確認できませんでした。同様の荷台はドイツCarson社でも販売しています。
配線完了
配線が完了しました。これから動作試験を行います。背板裏にリポ電池を搭載します。
フロントバンパーの組み立て
塗装を終えたので、フロントグリルを組み立てました。ライトボードはドイツPistenking社製に変更し、グリルライトとローバーは中国製を追加しました。
ルーフの取り付け
塗装を終えたルーフをキャブに取り付けました。ルーフとキャブの間は2Pのコネクターでつないでいます。
キャブの組み立て
塗装が一部終わりましたので、キャブの組み立てを開始しました。
エアータンクなどの交換
エアータンクなどのパーツを全て市販の金属製に変更しました。複数のメーカーから購入したため、左側の工具箱はとりつけることができませんでした。
ダッシュボードの照明
ダッシュボードは中国製の右ハンドル仕様にしました。しかし、付属デカールの出来が悪かったので、タミヤ純正を切り接ぎしました。
エキゾーストボックスの交換
エキゾーストボックスを純正からLESU製ステンレスに交換しました。コントローラーはMFCからBeier製に変えたので、中に音量ボリューム兼電源スイッチを入れました。
室内灯の取り付け
スピーカー取り付け板の塗装とともに、3個の電球色LEDを取り付けました。裏には配線用の基板も取り付けています。
荷台の取り付け
ボルボ用として市販されている荷台を取り付けました。オリジナルのフレームブラケットを利用して、計12本のビスで固定します。

さらに表示する