スカニア770用シャーシの製作
JXmodel製のシャーシは770Sも可能といわれましたが、物理的にキャブが載りません。第1軸と2軸の間を15mm延ばさないと解決されないことがわかりました。微妙な数値なので、シャーシを新製することに決めました。
ヘラクレス製スカニアキャブの組立
ヘラクレス製スカニアキャブの特徴はドアが開閉することです。構造上、全開しないのは残念ですが、気に入っています。
テールライトを日本車仕様に改造
スカニアを製作される方で1番人気のテールライトは、このタイプだと思います。海外のナンバープレートは細長いので、日本仕様には合いません。そこで、加工して取りつけられるようにしました。
LOOPS製TATRA 813の組立 · 23日 3月 2024
Tatra813下回りの完成
悪路を走行するための下回りが完成しました。複雑な構造をしています。
LOOPS製TATRA 813の組立 · 18日 3月 2024
Tatra813ステアリング用サーボの取付
いよいよ機構部品の取付に入りました。悪路走行用車両なので、付属ではいっていたサーボはハイテック製強力サーボでした。
16日 3月 2024
WPL製ジムニーの電飾
WPL製1/10ジムニーの電飾を行いました。ウィンカー、ブレーキランプ、バックランプの追加です。
LOOPS製TATRA 813の組立 · 15日 3月 2024
Tatra813第4軸の組立
第4軸の組立が終わり、シャシーが完成しました。アルミのチャンネルフレームに慣れているため、異質のものに思えます。
LOOPS製TATRA 813の組立 · 12日 3月 2024
Tatra813第3軸の組立
第3軸の組立です。第1軸、第2軸と共通部分があるので、マニュアルを読まずに済む
LOOPS製TATRA 813の組立 · 10日 3月 2024
Tatra813第2軸の組立
第1軸と第2軸が連結されました。やはり、予測不能な構造をしています。
LOOPS製TATRA 813の組立 · 09日 3月 2024
Tatra813第1軸の組立
軍用車かつオフロード車なので、デフの構造が大きく異なります。今まで経験したことがない部品形状でした。

さらに表示する