HS12によるMFC-01/03の操作


 MFC-01のでトリムとスティックを同時に操作して、各種切替を行います。つまり、MFC-01はサーボの移動角が115%以下と以上を検出しています。

 Servonaut製HS12プロポは、ボタンスイッチを押したときに100%の出力か115%以上の出力かをあらかじめプログラムしています。

 トレーラージョイント用サーボの操作は2段階で行うため、HS12では別チャンネルを割り当てています。

 結果として煩雑な操作をすること無く、MFC-01の機能を楽しむことができます。


Servonaut HS12

 

12チャンネル プロポ

 

 


Servonaut HS12で操作するMFC-01

① Servonaut HS12のライトコントロールシステム選択の画面でMFC-01EN

  を選択します。

② Servonaut HS12のMFC-01操作画面。

③ Servonaut HS12のMFC-01操作。

 

  設定後は1回MFC-01のキャリブレーションをHS12のマニュアルにしたが

  って行います。

 1) Hornに該当するスイッチを押すと、ホーン音が1回鳴ります。

 2) Supportに該当するスイッチを押すと、押している間ホーン音が鳴り続

   けます。

 3) Fifth wheelに該当するスイッチを押すと、トレーラージョイント用のサー

   ボが動きます。

 4) Horn Modeに該当するスイッチを押すと、空ぶかし状態になります。

   この操作をするときは、6)で2速にします。

 5) Run Modeに該当するスイッチを押すと、走行状態になります。

   この操作をするときは、6)で2速にします。

 6) Gearに該当するスイッチを押すと、ギアを1速、2速、3速にします。

 7) Starterに該当するスイッチを押すと、エンジン音停止/始動になりま

   す。

 8) Lightに該当するスイッチを押すと、ルーフライト点灯~ヘッドライト点灯

   ~フォグライト点灯~ライトOFFに切り替わります。

 9) Hazardlightに該当するスイッチを押すと、ハザードが点滅します。 


Servonaut Zwo4R9 レシーバーとMFC-01の配線例

 4個のサーボあるいはコントローラーが使用できます。操作はHS12のレベルスイッチで中央画面を変えてから行います。

レベルスイッチでaに変えたときの中央画面
レベルスイッチでaに変えたときの中央画面
HS12 12チャンネルプロポのレベルスイッチ
HS12 12チャンネルプロポのレベルスイッチ