1/10ハイラックスのグレードアップ

マフラーの取り付け
タミヤ製1/10ハイラックスに海外製発煙装置付きマフラーを2個取り付けました。テストではそこそこの発煙量でした。
完成
全ての配線が終わり、ようやく完成しました。リポを2本荷台に積んでいるので、悪路の走行性能は期待できませんね!ステアリングの動き、ライト類の点灯操作には満足しています。
キャブの配線
コードがごちゃごちゃにならないように工夫しました。キャブと本体とは16Pのコネクターで電気的な接続をします。結局リポ電池2本は荷台の上になりました。
本体の完成
シャーシーを半つや消し黒で塗りました。スピーカーと発煙装置を付け、電気試験を終えました。改造前と比較して重装備になりました。ギア変速はそのままですが、プロポからスイッチ操作で切り替え可能です。
ステアリングの改良
オリジナルはステアリ対して対して1個のサーボで対応しています。今回はフロントとリアに各々サーボを取り付けました。プロポからフロントのみ、フロントとリア(同相)、フロントとリア(逆相)の操作が可能です。
ライト基板の取り付け
専用のライト基板を取り付けました。その結果、電池を入れるスペースがなくなりました。電池は荷台に置くことにしました。
フレームの加工
タミヤ製1/10ハイラックスのコントローラーをMFC-02からBeier製に交換し、サウンドとライト類の点灯操作をグレードアップします。まずはフレームを加工し。Beier製コントローラーが入るスペースを作りました。