1/10タミヤ製ハイラックス

久しぶりにハイラックスを整備しました。タイヤがへたっていたので、この時期ですがキャタピラに換装しました。どこでも走れそうな気がします。
MFC-02にチャンネルを拡張する機能が無いので、赤外線通信で4回路のON/OFFをしています。実車で車検証を貼る位置に受光素子を取り付けています。
ハイラックス用のタミヤ製コントローラーMFC-02には特殊操作があります。トリマとスティック動作の組み合わせですが、それをスイッチでできるように改造しました。ライト切替、ハザード、パッシング、ホーン、ギア変速は上部のトグルスイッチでできます。ウィンカーの点灯は、緑色のスイッチを押してからスティック操作をします。
ダッシュボードのメーター類ステッカーに照明を入れました。1/10と大きいので、ウィンカーに連動してパネルのウィンカー表示も点滅するようにしました。しかし、車内が見えにくいので、効果なし。
改造すると、その影響が各部にでますので、最後まで調整が必要でした。ハイトルクサーボから発生するノイズでコントローラーが誤動作するのには驚きました。不満がありつつも、初期の目標は達成しました。
フロントグリルをフロントボディに取り付けました。キャブ内の照明を付けた状態ですが、フロントガラスがスモークなので、わかりづらいです。
フロントボディの塗装が終了しました。頑張って塗り分けをしましたが・・・
オリジナルにはないですが、ハイマウントストップランプを製作しました。点灯させると実感的です。
リヤボディにロールバーを取り付けました。あとはフロントボディですね!
荷台が一足早く塗装が終了したので、シャーシーフレームに取り付けてみました。前作は紺色でしたので、今回は明るいメタリックレッドにしました。

さらに表示する